新着情報・お知らせ

HOME > 新着情報・お知らせ> ニュース> 「深夜早朝2割増料金」の再設定について

「深夜早朝2割増料金」の再設定について

2017年4月1日(火)05:00 カテゴリー:ニュース

弊社は「深夜早朝2割増料金」の廃止を既に実施している事業者と同一運賃にする必要性から平成27年3月1日より「深夜早朝2割増料金」の廃止を続けて参りましたが、この度、国土交通省から深夜早朝2割増廃止後の運賃は適正な原価に適正な利潤を加えたものとは認められず、所謂、競争他者を排除する原価割れの低価格運賃となり、他の事業者との間で運賃の不当な値下げ競争を引き起こすおそれがあるという理由から却下されました。従いまして、平成29年4月1日より深夜早朝(23時~翌朝5時)におきましては、再度、「深夜早朝2割増料金」を設定、実施することと致しました。

他方では、多様化する利用者ニーズにお応えするために電子マネー決済機(ピタパ、ドコモのお財布ケータイやクレジットカードでの決済)の導入やスマートフォンからのタクシー呼出システム等で利用者利便の向上を図っています。また、高齢者向けのケア付き日帰り旅行「ケアたび」や「バーベキュータクシー」等の新しいサービスの創造、そして高齢者や障がい者等移動制約のある方々が健常者と同様に街中で自由に拾えるユニバーサルデザインタクシーの導入やユニバーサルドライバーの養成を行なっております。

キャビックはこれからも地域社会から必要とされる企業を目指して参ります。今回の「深夜早朝2割増料金」の再設定についてご理解賜わり、今後ともご贔屓の程、よろしくお願い申し上げます。

 

平成29年4月1日

株式会社 キャビック

代表取締役 兼元秀和

 

このページの先頭へ