株式会社キャビック 環境方針・安全方針

環境方針

基本理念

株式会社キャビックは、地球温暖化を防止するために
環境保全を推進します。

それは、企業が持続可能な成長を図るための社会的責任と認識し、
地域に根差した旅客輸送業務から生ずる環境負荷を低減します。

基本方針

  1. 環境に関連する法規制を遵守し、環境保全に努めます。
  2. 温室効果ガスのCO2削減のためエネルギー効率改善に取組みます。
  3. 環境保全に関する教育・啓蒙活動を実施します。
  4. 法令に従った廃棄物の適正な処理を行います。
  5. 循環型社会形成のため、資源の有効活用、廃棄物の再資源化に努めます。
  6. グリーン購入を推進します。

この環境方針を全従業員に周知するとともに、社外に公表します。

平成22年10月1日

株式会社 キャビック
代表取締役 兼元 秀和

安全方針

株式会社キャビックは、輸送の安全確保が自動車運送事業所としての社会的使命であると深く認識し、全社員に安全は全てのサービスに優先するという意識の徹底を図り、運輸安全マネジメント体制の維持、継続的な改善に努め、お客様に選ばれる、喜ばれる会社を目指し、以下の方針を柱として地域社会に貢献いたします。

  1. 社長は輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを自らが主導的に社内に徹底して意識づける役割を担います。
  2. 全社員が一丸となって、運輸安全マネジメントに取組み、お客様に安全と安心のサービスを提供いたします。
  3. 輸送の安全に関する取組をPDCAサイクルにより絶えず見直し、改善を行い、継続的に安全の向上に努めます。

平成23年4月1日

株式会社 キャビック
代表取締役 兼元 秀和

このページの先頭へ